仕事・お金・保険

老後資金は50代から備えよう ~これが老後生活の実態

笑顔の老後生活を目指すために、老後資金はいくら必要?老後のお金はどれくらい貯めればよい?皆さんも関心をお持ちでしょう。
その答えを知るために、年金暮らしを具体的にイメージしてみましょう。

年金生活の世帯収入平均は年255万円

65歳以上で無職、年金生活をしている夫婦の世帯収入平均は年255万円です。
(総務省家計調査、世帯平均収入は配偶者の年金も加味された金額です)
単純計算すれば1ヶ月21万円強の収入です。

一方、同じ条件の世帯支出は年321万円で、年間66万円の赤字、すなわち毎月55,000の赤字ということです。
当然、不足分の年66万円は現役時代からの貯蓄を取り崩すことになります。

夫婦2人で年間255万円というのは決して余裕のある金額でありません。
一的に年金収入が多い世帯は支出も多い傾向にあり、なかなか節約もままなりません。
年間収支がマイナス70万円というのは会社員の定年後、老後生活の実態に近い数字と言われています。

年金受給額は人によって様々ですが、40年間サラリーマンだった男性で年約190万円(老齢厚生年金と老齢基礎年金、厚生労働省のモデル額)。
若い頃から給与がかなり高かった人でも年240万円前後です。

日本の年金制度は、現役時代の収入を100%保障するものではありません。
当然、足りない分は働いている間にためておく必要があります。

老後資金の目安は夫婦で3,000万円

定年65歳まで働くことと仮定すると、年金生活の始まりは65歳。
先述の収支不足額が年70万円とすると、90歳位までの25年間の持ち出し合計は1,750万円です。

また数年に一度の出費として、家の修繕、車の買替え、病気の備えなどを考えると約1,000万円が別に必要でしょう。

合計して2,750万円、余裕をもって3,000万円が65歳時点の老後資金の目安です。

もちろん90歳まで生きる、というのは仮定条件ですから、それより長い方も短い方もいます。寿命はわかりませんが、女性はおおむね男性よりも長生きですから、妻が一人暮らしになった後の家計も念頭に置いておく必要があります。

また世帯の年金収入は前述のとおり金額の幅が有ります。
正社員で共働きならば2人分の年金収入で十分暮らせるケースもあるでしょうし、また支出金額も様々です。

老後に備えて貯蓄できるのは現役で働く間だけ

3,000万円が65歳時点の老後資金に必要というのはあくまで目安ですが、老後の不足額を貯蓄できるのは現役で働く間だけなのです。

50代の時点で、老後の年金生活の家計収支を正確に予想するのは難しいものです。
まずは老後資金の目安3,000万円を目標に少しずつでも老後資金作りを始めましょう。